ファジアーノ岡山がある日々

ファジアーノ岡山を生活の一部に!

2017 J2 第26節ファジアーノ岡山 vs 京都サンガF.C.(8月5日)

   

2017 J2 第26節ファジアーノ岡山 vs 京都サンガF.C.(8月5日)

4連勝をかけたアウェイでの京都との対戦は、試合終了30秒前に悲劇のゴールを決められ1−1のドローという結果になり4連勝は今回も叶うことはありませんでした。

雷雨の為、18時から19時にキックオフが遅れるというアクシデントがありました。
この日の入場者数は5000人台と少なめでしたが、画面からファジのサポーターはかなり来ていたのではないかと思います。素晴らしい。

スタメンは以下。
一森
片山
竹田
喜山
澤口
関戸
塚川
パク・ヒョンジン
伊藤
石毛
赤嶺

豊川選手が謎のスタメン落ちということで、京都への帯同もしていませんでした。
その代わりに、伊藤選手と石毛選手が同時起用となりました。

19時にキックオフ。
ピッチは水たまりはないがスリッピーな状態。

試合開始5分辺りは京都のペースでボールを保持され時間が進む。
京都のセカンドボールへのよせもかなり早い。
しかし、ファジの守備はかなり状態がよく、シュートまで撃たせない。

左サイドからの攻撃ができるようになったファジはパク選手がクロスをあげるなど攻撃が活性化。

13分、相手ペナルティエリアすぐ外左側でファールをもらい、良い位置でのFKを得る。
キッカーはパク選手。
助走をほぼ取らず、シュート!
威力よりもコースをつく正確性重視のシュートはGKも動けないコースに決まり先制点を奪取することに成功。1−0。

先制点を奪ったファジはさらに勢いを増すがごとく、激しいプレスを敢行。
また、ただプレスだけではなく、遅攻も使い、ゲームをうまく進める。

イケイケな感じで時間が過ぎたが、次の瞬間、絶望的な場面が。
32分、伊藤選手のGK手前にふわっとしたクロスがあがると、それに反応した赤嶺選手がタイミング良く飛び出し足でシュートを狙うが、相手GKも飛び出てきて交錯。惜しいシーンであったが、それよりも立ち上がれない赤嶺選手が気になってしょうがなかった。結局、立ち上がれず担架で外にだされる。
ここからだという時に赤嶺選手の離脱はいたい。。

その赤嶺選手に代わって、36分に藤本選手が投入される。
守備陣の奮起もあり、京都に危ないシーンを作らせない。

そのまま前半が終了。
後半のスタメン変更はなし。

後半開始早々、48分、右サイドから石毛選手が中央へクロスを供給、そこに走り込んできた伊藤選手がダイレクトでシュートを放つが枠外に飛んでしまう。
これはかなり惜しいシーンでした。

京都は大黒選手に代えて、ケヴィンオリス選手をいれる。
闘莉王選手とケヴィンオリス選手の高さでパワープレーを敢行してくる。

61分、石毛選手に代えて、渡邊選手選手を投入。
渡邊選手に悪いですが、まだ走れるテクニシャンの石毛選手を交替させるのはもったいない気がしてきます。いつもこの采配で押し込まれて得点されている印象も拭えない。。。
渡邊選手も良い動きでボール奪取をしてるんですけど、その後が続かないのが苦しいですね。

このあたりから少しづつ攻撃よりも守備的な意識がでてくるファジ。
それでもなんとか踏ん張るファジだが、80分過ぎたあたりからは京都のパワープレーに押し込まれる展開に。
自陣でボールを掻き出すだけの作業に徹するようになり、嫌な予感も。。

87分、伊藤選手に代えて、久木田選手を投入。

しかし、今節のファジは守備がとても良く踏ん張っていたので
このまま行けるのではないかと甘い期待をしていました。

しかし、何度も攻撃されるとやはり100%防ぐということはできず、アディショナルタイム4分の3分30秒あたりにCKからケヴィンオリス選手に頭で決められ、勝ち点3と4連勝がスルッと手から落ちていきました。

そのまま試合終了。1−1の引き分けという結果で、順位も8位まで落ちてしまいました。

最悪の結果(敗戦)ではなかったとはいえ、かなり落ち込んでしまう結果となってしまいました。

試合終了30秒前に失点するのはきついですね。
また、赤嶺選手の怪我というほうが実際はきついです。多くの方がそう思っているのではないでしょうか。軽症であることを切に願っています。

先にも少し書きましたが、交代カードについて悪い印象が拭えないですね。
石毛選手、伊藤選手などテクニックを持った選手がピッチ上にいなくなると途端に余裕がなくなり攻められ始めてしまっている印象です。
今節もチームとしてみれば走り勝っていたと思います。
そんな状態なので、試合途中でみせていた遅攻で時間を使うということができないものなのでしょうか。
サンドバック状態でクリアするのが精一杯だと相手にとってかなり楽な展開になるんじゃないかと。

とはいえ、まだまだプレーオフ進出は可能な位置にいますので前を向いてやっていきましょう。
夏の移籍で入団した2選手も早くみたいですね。

次節は岐阜との対戦です。

頑張れファジアーノ!

 - 2017, ファジアーノ岡山

------下記ボタンから他のファジアーノブログが読めますよ。------

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
2017 J2 第20節ファジアーノ岡山 vs松本山雅FC(6月25日)

2017 J2 第20節ファジアーノ岡山 vs松本山雅FC(6月25日) 第20 …

no image
2015 J2 第26節vs栃木SC戦(7月26日)

本日、2015 J2 第26節vs栃木SC戦(アウェイ)が行われました。 直前ま …

no image
2016 J2(第41節)チーム勢いランキング

第41節を含めた直近5試合の勝ち点動向を表にしています。 また、第40節、第39 …

no image
リオ五輪アジア最終予選決勝(1/30) 矢島選手1G1Aの活躍!

今年行われるリオ五輪のアジア最終予選に参加している日本。 先日(1/26)の準決 …

no image
2015 J2(第1節)勝ち点過去比較ランキング

今年は開幕から調子が良い!なんていうことを良く聞きますが本当のところはどうなのか …

no image
2016 J2 第12節ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎戦(5月7日)

2016 J2 第12節ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎戦(5月7日) …

no image
ちょっとイラッとした事

雑事。ちょっとイラッとした事。 東京ヴェルディ戦をスカパーで観戦し、 0-1で敗 …

no image
2017 J2(第20節)チーム勢いランキング

第20節を含めた直近5試合の勝ち点動向を表にしています。 また、第19節、第18 …

no image
2015 第16節vsカマタマーレ讃岐戦(5月31日)

さあ、今季も瀬戸大橋ダービーが行われました。 現在スカパーにて試合を観戦後すぐに …

no image
2016 J2(第36節)チーム勢いランキング

第36節を含めた直近5試合の勝ち点動向を表にしています。 また、第35節、第34 …