ファジアーノ岡山がある日々

ファジアーノ岡山を生活の一部に!

2017 J2 第2節ファジアーノ岡山 vsロアッソ熊本(3月5日)

   

2017 J2 第2節ファジアーノ岡山 vsロアッソ熊本(3月5日)

前節開幕戦の名古屋戦では0-2と完封され、今年のチームがどのくらいやれるチームなのかがいまいちわかりませんでした。
名古屋のチーム力が得点通りに上回っていたのか、それとも、ファジアーノの力が昨季よりも劣ったものになっているのか。
前日に行われた名古屋vs岐阜の試合で岐阜が優勢で試合を進め、もう少しで勝利できたというのを知り、もしかしたら後者なんじゃないかと不安に思っていました。

第2節はホーム開幕戦で相手はロアッソ熊本。
熊本は前節讃岐相手に勝利し勢いはファジよりもありそう。

ファジのスタメンは以下でした。
櫛引
澤口
篠原
喜山
加地
伊藤
渡邊
パク・ヒョンジン
大竹
豊川
藤本

前節からの変更は関戸選手に代わって、大竹選手がスタメンにはいりました。
伊藤選手が1列後ろに入り、大竹選手がシャドーの位置に。

熊本は讃岐戦で2得点した安選手が帯同しておらず、岡山、熊本ともにチーム事情に悩まされている対戦となりましたね。

試合開始から両チームともボールが落ち着きがない状態で試合が進みましたが、徐々にファジのプレスが効き始め、ボールを保持し攻め上がる。
熊本はどちらかというと守り重視で試合に入っていたのかもしれません。
いつもながら最後のところのシュートまでいくことができない。
サイドからの崩しもなかなかみられず、熊本の固い守りに対し良い形はほとんどみられませんでしたね。

得点の匂いがしない時間、
驚いたのはパク選手がロングスローを投げたこと。
どのくらいの飛距離や精度があるかわかりませんが、例えば右サイドに片山選手が入れば、両サイドからロングスローで攻撃が可能に(笑)

ほとんど熊本になにもさせないまま、前半は終了。
後半でのメンバー変更はなし。

今季ファジ初ゴール。それが後半いきなりやってきました。
後半2分、右サイドで大竹選手が相手選手を引きつけ、追い越した加地選手にパス。加地選手がゴール前にクロスをあげると、それを豊川選手が頭で叩きつけゴールネットを揺らした。
ファジの今季初ゴールはエース豊川選手でした。
スタジアムも大盛り上がり。1-0。

1点ビハインドになった熊本は前への推進力を高めてくる。
しかし、その分スペースもでき、ファジの攻撃も得点が臭うシーンが増える。豊川選手の抜け出しに伊藤選手がドンピシャのパスを供給したシーンは良かったですね。昨年の矢島/豊川のホットラインを彷彿とさせるシーンでしたが、豊川選手のボレーシュートは当たりどころが悪くゴールをはずれてしまいました。

渡邊選手のミドルシュートも思わず声がでましたね。まさかJリーグ初得点か!と(笑)
でもいいシュートでした。

後半20分に大竹選手に代え、塚川選手を投入。
塚川選手は今季の新戦力の1人。大型(184cm)のボランチとして注目されている選手。
その塚川選手が伊藤選手の位置に入り、伊藤選手は一列上がり大竹選手の位置に。

塚川選手は攻撃の意識が強いのか、攻め上がっている時に良く画面に映っていた印象です。
初のJリーグの舞台ということもあるかもしれませんが、少し動きが固かったような気がします。

後半29分、豊川選手に代えて、三村選手を投入。
今日の三村選手は素晴らしかったですね。
昔在籍していた石原選手を彷彿とさせるくらいのペナルティエリア内へのドリブルでの切込み。
三村選手の後半シャドーでの投入は相手選手からしたら結構嫌がる選択肢かもしれませんね。

しかし、しかし、なんとも言えない後味の悪い展開が起きてしまう。
アディショナルタイムは3分。
それも1分30秒ほど過ぎたあたりで、ゴール前に上げられたボールにいち早く反応したのが熊本の選手。櫛引選手もパンチングにいくが一瞬はやく相手選手が早く、ヘディングシュートを決められてしまう。

後半49分に渡邊選手に代え、関戸選手を投入するが、プレイする時間はほとんど残っておらず、そのまま試合終了に。

開幕戦は1-1の痛恨のドローとなってしまいました。
得点以上にがっくりときた試合でした。

本日自分の中で印象的だったのは、
先程も挙げた三村選手。
そして、喜山選手です。
喜山選手の最終ラインからの素早い縦パスの精度はすごかったですね。
足元の技術がある選手なだけに、少しタメを作っての精度の高いパスがとても魅力的です。
昨季までCB陣でのボール回しが正直ハラハラしてみていましたが、今季はそこが少し安心してみていられる自分がいます。

今節終えて勝ち点は1。
現時点で20位となっています。
まあ、まだ始まったばかりなので順位は気にならないのですが、早く勝ち癖をつけたいところですね。

ここまで2試合を観た感想ですが、
一言でいうとまだまだチームとして伸びしろがありそうだなというのが1番の印象です。

「顔の見えるチームづくり(=個性がだせる)」というのが長澤監督の目指すサッカーで、今季の教えも変わらないかと思います。
昨季は試合を追うごとにそういうことかとその意味が感じ取れるほど選手の個性が感じられました。
しかし中心選手がチームを抜け、新戦力が入ったことで、本当にチームがガラリと変わってしまいました。そのことで新戦力だけではなく、既存の選手までが顔が見えなくなっている印象を受けています。
これは避けられないことでしょう。

しかし、この2試合だけでも個性を発揮できている場面は数多くあり、これらがはっきりと感じられるようになった時には昨季よりも伸びしろがありそうだなと感じています。

怪我で離脱している赤嶺選手、片山選手らも復帰するでしょうし、楽しみでしょうがないです。

次節はアウェイ町田戦です。
伸びしろがあるとはいっても、それまで勝たなくていいかというとそうではありません。
昨季はアウェイが強かった。
次節は複数得点、完封勝利で気持ち良い週末をお願いします!!

頑張れ!ファジアーノ!!

 - 2017, ファジアーノ岡山

------下記ボタンから他のファジアーノブログが読めますよ。------

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Comment

  1. 名無しの兵士 より:

    櫛引は1対1をセーブしてチームを救ったシーンが直前にあったので、あれみたときに「この試合は勝ったな。うちに流れが来てる」と思ったものです

    ただ最後は彼の悪さが出ましたね
    五輪代表でも言われていましたが、彼の最大の欠点は状況判断力がなさ過ぎる事です
    身体能力は半端ないものがありますが、感覚でプレイしているような選手です
    ビッグセーブを連発するくせ、大事な場面でミスをする、五輪や清水時代によく見た姿でした

    あのシーンはしっかりと後ろで構えているか、もっと早めに飛び出してクリアというのが正しい判断でしょう
    (もちろん、守備陣がみんな相手の動きを見てなかったのも悪いですが)
    たとえ相手がシュートを外していたとしても、ボールではなく相手に向かってパンチングしたので一発レッド+PKの判定だったでしょうね

    彼にとってはいい薬になったのではないでしょうか
    改善できないと少なくともJ1に戻ることは出来ないでしょう(J2レベルのGKで落ち着いてしまう)し、この1年はそこをどれだけ改善できるかをファンとしてよく見ていこうと思います

    • fagi-life fagi-life より:

      コメントありがとうございます。

      櫛引選手の失点時のプレイに関しては確かに擁護できるものではなかったかと思います。
      中林選手をみていてる時は飛び出した時は必ず触れるものだと思ってみていたので、
      こういうこともあるものなんだなあと思い知らされました。
      ただ、その前の喜山選手のミスからのゴール前1vs1の危ないシーンを守り抜いてくれたので帳消しにしてもいいかなと思っています。
      守備陣もフリーで打たせているのでまだまだ危険察知能力を磨く必要があるかなと感じますね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
2015 J2 第37節vsツエーゲン金沢戦(10月18日)

2015 J2 第37節vsツエーゲン金沢戦(10月18日)が行われました。 フ …

no image
リオ五輪アジア最終予選決勝(1/30) 矢島選手1G1Aの活躍!

今年行われるリオ五輪のアジア最終予選に参加している日本。 先日(1/26)の準決 …

no image
2016 J2(第2節)勝ち点過去比較ランキング

2016 J2(第2節)勝ち点過去比較ランキング ■-自動昇格(1位) ■-自動 …

no image
2015 J2(第37節)チーム勢いランキング

第37節を含めた直近5試合の勝ち点動向を表にしています。 また、第36節、第35 …

no image
2016 J2 第7節vs北海道コンサドーレ札幌戦(4月9日)

2016 J2 第7節vs北海道コンサドーレ札幌戦(4月9日) J2リーグ第7節 …

no image
2015 J2 第39節vsカマタマーレ讃岐戦(11月1日)

2015年のJ2のリーグ戦も残り4試合となりました。 今節、ファジアーノ岡山はカ …

no image
2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2016.01.07)

2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2016.01.07) ■ガンバ大 …

no image
2015 J2 第32節vsザスパクサツ群馬戦(9月20日)

2015 J2 第32節vsザスパクサツ群馬戦(9月20日) 前節調子の良い愛媛 …

no image
2017 J2(第26節)勝ち点過去比較ランキング

■-自動昇格(1位) ■-自動昇格(2位) ■-PO出場(※資格は問わない) ■ …

no image
2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2015.12.29)

2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2015.12.29) ■加地亮選 …