ファジアーノ岡山がある日々

ファジアーノ岡山を生活の一部に!

2017 J2 第5節ファジアーノ岡山 vsザスパクサツ群馬(3月26日)

   

2017 J2 第5節ファジアーノ岡山 vsザスパクサツ群馬(3月26日)

雨が降り、春がまた冬に戻ったようなそんなアウェイ群馬での試合となりました。
ファジは第4節ホームで京都と対戦し、赤嶺選手の2得点で逆転勝利。今季初勝利をあげることに成功しました。勢いに乗るファジはどのようなサッカーを見せてくれるのか注目した一戦でもあります。

スタメンは以下。
一森
久木田
篠原
喜山
加地
関戸
渡邊
パク・ヒョンジン
伊藤
豊川
藤本

前節の京都戦とスタメンの変更はなし。

京都戦では後半途中から出場してきた赤嶺選手ですが、今節もベンチスタート。
怪我からの復帰でまだ本調子ではないのかもしれませんね。
大竹選手もベンチスタート。
石毛選手がベンチに戻ってきました。
櫛引選手ではなく椎名選手が控えGKとして入っています。

前半スタートからどちらのチームも前からのプレスでボールを奪いにいく。
時間が経つにつれそのプレスがプラスに働いたのは群馬のほう。
どんどん押し込まれ、ハーフウェーラインより先にもいけないほどボールを保持されてしまう。セカンドボールもまったくと言っていいほど拾えない状況。

前半のほとんどがそのような状況で業を煮やした長澤監督が早めの対策を打って出る。
前節活躍した赤嶺選手を投入しようと準備させていたところ、その1歩手前でゲームが動く。
40分、裏を狙われ、相手と一森選手の1vs1の場面になるが、コースを塞ぎ体を張ってシュートを防ぐが、そのはじきだしたボールが相手選手の前に転がり、それをシュートされ決められてしまう。
前半終わり際の嫌な時間での失点で、またもや嫌な雰囲気に。
この得点後に赤嶺選手が藤本選手に代わってピッチに。

前節の京都戦では赤嶺選手が入った瞬間からボールが前線につながるようになり、結果逆転勝利となったが、それは今節の試合でも同じような状況に。
一瞬嫌な雰囲気になったと思われたが、赤嶺選手が入ることで前線にボールが収まるようになり、ファジの攻撃のスイッチがはいる。

そして、45分がアディショナルタイムに。
相手ペナルティエリア内でボールを競りにいった豊川選手に相手の肘があたる。それがファールとなりPKを獲得。
豊川選手が治療でピッチを離れていることで赤嶺選手がPKのキッカーに。
”運が良かった(笑)”と赤嶺談。
そのPKをなんなく決め前半のうちに1−1のイーブンに試合を戻す。
赤嶺選手すごいです。
そのまま、前半は終了。

後半のスタメンは変更なし。

後半のスタートからファジのプレスが効きだしてくる。
プレスが効きだすといい位置でのボール奪取からの攻撃が増えてくる。

サイドからの攻撃も増え、CKも増える。
何度もゴール前でチャンスが来るがヘディングシュートなど少しずれて枠にいかない。
サイドからのドリブル突破でパク・ヒョンジン選手のボールの扱い方はとてもうまかったですね。

そして、長澤監督はこのチャンスを逃すまいという意識からか、
54分、渡邊選手に代えて、大竹選手を投入。
前節と同じく、伊藤選手が一列下がる形に。

ここから伊藤選手、大竹選手がボールを落ち着かせ、パスが繋がり、
前半とはまったく別の試合展開に。

ここ何試合か大竹選手のプレイをみましたが、
今日のプレイで本当にうまさというものを実感しました。
足元の動きが独特で、テンポなんですかね?なかなかボールをとられないプレーぶりに魅入ってしまいました。
ようやく10番のイメージができてきました。
これで長い時間試合にでれればいいんですけどね。
怪我の影響か短い時間が多い大竹選手。
キャプテン翼の三杉くんみたいですね。

しかし、予想だにしなかったことが。
放送の中で、赤嶺選手に代えて、澤口選手が入る模様ですとの一報が。
ん?何かの間違いだろうと思っていたら、
74分、赤嶺選手に代えて、澤口選手がピッチに。
これはどういうことかとほんとに驚きました。

ハムストリングスが少し攣ったということで怪我明けという影響もあったので大事をとって早めに交替した(長澤監督談)ということです。

ノッてきたところで赤嶺選手がいなくなり、嫌な雰囲気になるかと思いきや、良い時間帯はまだ続き、試合がさらに動く。

81分、関戸選手のゴール前の低いクロスに、喜山選手がボレーシュートにいくが触れたかどうかという感じでボールはゴールに転がるが、中央に走り込んできた豊川選手が体でボールのコースを変え、逆転のゴールを決めた。1-2。

逆転され群馬も選手を一度に交替し投入してくるが、ファジは落ち着きをもって対応する。
刻々と時間は過ぎそのままゲーム終了。

京都戦に続き逆転での勝利で2連勝となった。
この勝利で、順位は一気に9位に。

ただ、前半の試合内容はかなりやばい状況でした。
スタッツをみてもボール保持率30%台。
藤本選手→赤嶺選手で勢いを取り戻しました。
何が違うんでしょうね。素人の自分にはその違いはまったくわかりません。
藤本選手は運動量では本当によく走っていると思うんですが、
赤嶺選手は運動量よりもそのポジション取りのうまさなのかなと感じます。
経験なんでしょうね。やはり。

あと、少し一森選手の飛び出しの判断に違和感を感じました。
たぶん、自分が中林選手のイメージしかないのでその比較なのだと思うのですが、
中林選手なら飛び出して守っていただろうなという場面を、一森選手は間に合わないだろうという判断から1vs1の場面で勝負することを選んだように見えました。
フィジカルの差というのはあるのかもしれませんが、気になった部分でしたね。

次節はホームで現在好調の東京ヴェルディとの対戦となります。
噂では片山選手の復帰も近いとのことで、期待しています。
赤嶺選手の怪我の具合も気になりますが、是非勝利し3連勝を達成してもらいたいですね。

頑張れファジアーノ!

 - 2017, ファジアーノ岡山

------下記ボタンから他のファジアーノブログが読めますよ。------

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2016.01.09)

2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2016.01.09) ■岡崎選手 …

no image
2016 J2 第33節ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎(9月25日)

2016 J2 第33節ファジアーノ岡山 vs V・ファーレン長崎(9月25日) …

no image
2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2015.12.11)

2015→2016 ファジアーノ岡山進退情報(2015.12.11) ■妹尾隆佑 …

no image
2015 J2 第29節vsコンサドーレ札幌戦(8月15日)

2015 J2 第29節vsコンサドーレ札幌戦(8月15日)が行われました。 こ …

no image
2016 J2 第10節vs町田ゼルビア戦(4月29日)

2016 J2 第10節vs町田ゼルビア戦(4月29日) 今節第10節はGWの連 …

no image
リオ五輪最終予選(vsタイ)矢島、豊川選手が先発で出場

今年(2016)に開催されるリオオリンピックのアジア最終予選が始まっています。 …

no image
2017 J2 第19節ファジアーノ岡山 vsFC岐阜(6月17日)

2017 J2 第19節ファジアーノ岡山 vsFC岐阜(6月17日) 第19節、 …

no image
2017 J2(第13節)勝ち点過去比較ランキング

■-自動昇格(1位) ■-自動昇格(2位) ■-PO出場(※資格は問わない) ■ …

no image
■王 靖斌選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ、など【ファジアーノ岡山進退情報(2017.2.21)】

王 靖斌選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ、など【ファジアーノ岡山進退情報(2 …

no image
2016 J2(第17節)勝ち点過去比較ランキング

2016 J2(第17節)勝ち点過去比較ランキング ■-自動昇格(1位) ■-自 …